FC2ブログ

プロフィール

Myth28

Author:Myth28
双子の女の子の育児についての奮闘記書?です(笑
お子様、お母さん・お父さんにも役立ちそうなアイテムもご紹介したいと思います。
コメント等で、応援よろしくお願いします。

なお当ブログはリンクフリーです。

ごゆっくり

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Amazon

↓こちらにもあります

しばしごゆっくり

RSS

何故か陶芸教室

うちに遊びに来た、娘のお友達とそのママが陶芸粘土で何か作りたいという事になった。

型を使ったボールをまず作る事にした。
子供の場合、型を有効に使いたい。
成型が上手くいかず、手でずっと捏ねていると、粘土がパサパサになってしまう。どんどん自由が利かなくなって、扱いも難しくなってゆく。

そこで、基本的な形は、石膏の型や缶コーヒーやプラスチックのトレイなどを使って型取りして作る。
それを手で凹ます捻るなど変形させたり、模様を付けたりして作るのも有効な手法となる。

型を使わせることで、基本的な形はしっかりしているので、思ったように作れず上手くいかなかった、という挫折感を味合わせずに済む。
形がはっきりとある物を幼児や小さな子供が、最初から作るのは無理がある。
ある程度、達成感を持ちながら難しい面も徐々に導入していくのが良いと思う。ただ単に困難に立ち向かわせては逆に意欲が萎えてしまう。

まずは、達成感を持たせる。もっとやってみたいという気持ちを持たせる。この形で進ませたい。

今回、缶と石膏の型を準備したので、娘のお友達とその母も交えて、マグカッブとボールを作ってみた。

手順通りに作ってゆけばわけなく出来る。
なかなか面白い変形-アレンジである。
把っ手も綺麗に付いた。
型抜きも使って好きな模様を貼り付けた。
どべも上手く使えた。
竹串で模様や名前も入れた。

みんな出来栄えには満足気であった。
お友達のお母さんが一番乗り気であった。
良いものが出来て一安心。

疲れた。
まさか、陶芸教室をやることになるとは。
もう今年最期の粘土となる。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す