FC2ブログ

プロフィール

Myth28

Author:Myth28
双子の女の子の育児についての奮闘記書?です(笑
お子様、お母さん・お父さんにも役立ちそうなアイテムもご紹介したいと思います。
コメント等で、応援よろしくお願いします。

なお当ブログはリンクフリーです。

ごゆっくり

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Amazon

↓こちらにもあります

しばしごゆっくり

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

思考の素地作りの工夫として

少し原理的に考える必要があると思った。
とはいえ、まだまとめてはいない。
が、夏休みなので少し端折る。


まず、一つ。20140724160748d0d.jpg

一つのものを全体=1と考え、それを元に操作できる能力を育む。

全体に対して今、何%くらいかという部分感覚を持つことが大切だ。特に数量一般に言えるが、そのイメージがしっかり持てることで、線分図で、面積、体積、距離、時間などを明解な表示により、図解的に解くことが出来る。

これは、具体的には散策のお決まりコースを反復することで身体感覚としても得られよう。家事お手伝いでは、ホールケーキのナイフ切り、遊びでは、積み木、ゲームでは、テトリス。箱枠に小さなフィギュアなど入れていく遊びでも興味が引ければ良い。

さらに、この全体に対する感覚は、作業の流れの中で、今自分が何処にいるかの明確な意識を持たせるものだ。
その中心ー目標が無いと、何をしていてどういう流れの中に自分がいるのかが分からない。これは、ある時点で失敗しても、遡って全体的な俯瞰から主体的に問題点を確認し、自分で直すことが出来るかどうかである。
もし絶えず自分の意識が高圧的な切断を受け、何らかの要求に従うという生活に矯正され慣れてしまうと、そこで自律性や自立的な行為は生まれず、その都度正しい指示を待つ姿勢しか見られなくなってしまうはずだ。

デジタル生活に浸り切ると、その刹那の情報しか得られないことが多く、部分と全体の感覚が薄まる。バラバラな部分の補修しか思いつかなければ、全体の構造に対する思索や洞察は、将来的に生まれないであろう。

我々親としては、子供の思考の流れを大切にし、こちらがその内に入り込む姿勢が必要だろう。親の一方的な無神経な切断と介入は、子供の全体性に対する感覚と集中力を削ぎ、指示待ちの良い子を育てるだけになってしまう危険性が大きい。


もうひとつ。
ものを他の何かと見なす、変換力を身に付ける。

お金の変換も良いが、実際に切符を買う。自販機、ガチャポン、、、などもありか。
うちでは、ピアノ教室のシールが集まったら、ブリキュアブランド?の欲しいものを買ってあげることにしている。以前はホッペちゃんで、多分これからは当分、雪アナ製品になると思われる。
これも、意欲と抽象力、経済の感覚を養うと思われる。
日常はことごとく、記号の変換、置き換えで出来ている事に馴染ませたい。
翻訳は勿論。普通の会話にしても。

取り敢えずここは押さえたい。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。