プロフィール

Myth28

Author:Myth28
双子の女の子の育児についての奮闘記書?です(笑
お子様、お母さん・お父さんにも役立ちそうなアイテムもご紹介したいと思います。
コメント等で、応援よろしくお願いします。

なお当ブログはリンクフリーです。

ごゆっくり

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Amazon

↓こちらにもあります

しばしごゆっくり

RSS

2014年04月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • ピアノのレッスン今日が2人そろって行く最期の日。

    TV番組も4月からそろってキャストが変わったりして、何度が変わったことが新鮮に思えたり、それほどでもなかったりしてますが、うちでも5月から、ピアノのレッスンは、二つの教室に別々に行かせることになりました。長女はそのまま同じ教室へ。次女は違う教室へ。これで、良い方向へ、伸びればよいのですが。暫くやってみます。親としても、違う教室に同時に出して一緒に回収出来る形になり、送り迎えは楽になりました。最初に...

  • アナと雪の女王を突然見に行くことになり、、、。

    並ぶが、チケット売り切れ。アウトでした。空いているのは、8時からのしかありません。次女は「今日は、温泉に行くの」と言っていたのを無理やり映画に連れ出しています。それに替わるサービスを展開しないと収まりません。ということで、美味しいレストランで少し贅沢なイタリアンとスウィーツで納得させました。後は小物・アクセサリーのお買いもの。これで、帰ってから「おかあさんといっしょ」のステージ物の録画をTVで見ま...

  • 今日は楽しい遠足だー

    最近、幼稚園を辞めると言っている次女ですが、今日の遠足はちょっと楽しみだったようです。長女はもともとお出かけ大好き人間ですので、よろこんで出かけのですが、何とバスにめっぽう弱い。すぐに酔います。わたしの運転する車ではこれまで少し遠くに行っても酔うことがないので、ついわれわれも長女の車酔いに対し意識が薄れがちになるのですが、人の車に乗った時や電車の遠乗り時や何と言ってもバスでは、酔います。今日もその...

  • 機械化の危惧 ~ 新人類の正体

    うちの娘たちも、日々テクノロジーにどっぷり漬かっているため、やはり心配になります。ただ、「死」についてはしっかり見せていかなければならないと思っています。ご近所でお葬式もありました。お線香をあげにいくとか、お墓参り、毎日のご先祖への供養、亡くなった祖父(わたしの父)の話などは事あるごとにしています。「死」に対する感覚・意識は深く、強く持たせていくつもりです。機械が身に沁みてしまうと、生・死、善・悪...

  • こどもの絵

    F20のキャンバスに地塗りをして乾かしていたものに、まんまと二人に絵を描かれてしまいました。やられた!の一言。そろそろ、実作をしなければ、と思って下準備をしはじめていたところです。やはり、人間やるべきことをやらないと。土日を使って、少しづつ描いていこうと思っています。出鼻くじかれましたが(笑彼女らの絵は描きかけですが、白とピンクのお花の絵をはじめて共作で描きました。良い絵です。何よりも共作が出来る...

  • 遅寝・早起き・日光浴

    我が家の双子は、相変わらずiPhoneとiPadで夜遅くまで音楽を聴いていて、なかなか寝ません。あと一曲聴いたら音止めて寝るよ、と言ってもなかなか納得しません。でも3曲目には、こちらで取り上げます。ただ取り上げるとまた、愚図るので、話して納得させます。どうやら、長女の方は誰か一緒に寝ないと寂しいらしいのです。そんな年ではないのですが。それで、手にピンクの水晶玉を握らせました。これを持って眠るととってもよい夢...

  • バーバ倒れる!

    日頃のふたりのわがままとそのお相手というか子守などの疲れと心労が祟ったか、ひどい腹痛で寝込んでしまいました。痛みが少し薄れて来たところを狙い、車で主治医に連れて行くことになりました。本来なら救急車を呼ぶところなのですが、本人は「救急車はどこの病院に連れて行かれるか分からないからダメだ」ということで、緊急の事情をあらかじめ先方に話して車で連れて行き、付き添いました。確かに、車で主治医に行ければ、それ...

  • 最近の朝食~グラノーラ

    これは困ります。ご飯が苦手のうちの双子は、パンにすることが多いのですが、幼稚園でもパン食はあります。それで、いま流行りのグラノーラにしてみたら、結構よろこんで食べます。最近、スーパーでも、グラノーラのコーナーが広がりましたね。コーンフレークなどより売れているそうですし。これからは、グラノーラが朝食になってゆくのかなと思います。オーツ麦をシロップや食用油と混ぜ、オーブンで焼き上げたシリアル食品ですか...

  • 次女がまた鼻水がすごく

    困りました。また次女が鼻水です。いまひとつ、アレルギーなのか、風邪なのかよくわからない。というのも年がら年中なので。普通それならアレルギーでしょうが、医者では風邪ということで。微妙な感じです。やはり、寝るときが問題のようです。バーバのつくった「かいまき」を使おうと思います。ともかく、日中は暖かになってきていますが、朝方など冷え込みます。気を付けてはいたのですが、あまかったです。今朝も次女はたくさん...

  • 今日はワンピースを見る

    ともかく戦いがすごいです。刺激が大きい。冒険と友情ですか。プリキュアもどれもこれも、「友情」のもとに闘う、ですね。夢中になっています。ダンスと一緒で乗ってしまう。一種のポゼッションです。むかしから、少年ジャンプなど、スポコンにせよファンタジーものにせよ、友情そして戦いです。正義のためなら相手をボコボコにできると。しかし「正義」は、思いっきり相対的ですから。これは、昔話の「鬼ヶ島」を見てもそうですし...

  • 今日は二人はお留守番。わたしはバルテュス展へ!

    今日は私のある意味、待ちに待った「バルテュス展」でしたので、初日でしたが行ってきました。やはり子供連れはいませんね。ホントに小さなまだ一歳にも満たない子がお母さんの胸に紐で貼り付けられて眠っているのは見ましたが、それ以外には見ませんでした。一番危ないのは、やはりうちの子のような年代です。まさに、うちの子です!長女も次女も頭に浮かぶ前に何やら叫びますから、美術館・音楽発表会(今度自分たちが出ますが)...

  • オリジナルソングをめぐって

    長女がここのところ、2,3曲毎日唱っている特徴はあって耳には残るがなんとも面白い歌は、彼女のオリジナル曲だそうです。よく大きな声でご機嫌で唱っているものです。それを巡って次女と争いごとが起きています(笑今朝、次女がそっくりそのままその曲を唱っており、それは私の曲だから返せと長女が主張し、けんかとなっております。なにか最近、それに似た風な話があったような、どうでもよいことですが。面白いもので、次女が...

  • お風呂も狭くなりました!

    ふたりの娘達が産まれてこのかた、ずっとお風呂に入れてきましたが、かつては広々していたお風呂が、最近やたらと狭くなってきました(笑生まれたばかりの頃は、洗面器で体を洗っていたのですが、洗面器で十分すぎる広さでした。大人のお風呂でも、3人で入るのは流石に限界ですね!娘たちも「おしくらまんじゅー」といっています。まさにその通りです(笑自分たちで出入りできるようになったのだし、その分確かに大きくなりました...

  • ケーキづくりに夢中

    女の子ですから、料理に興味を持って欲しいと思います。オシャレに必要以上に気が向いてしまっているので。最近、ママのお手伝いする、と言ってキッチンによく行くのですが、火を使うところはまだ危険で、包丁もそこで使わせるには高さもあり、補助がしにくい点があり、デザートのフルーツとか切るときだけ、テーブルに持ってきて大人の目の前で切らせています。そしてお料理は、まずは粉と牛乳を混ぜるなどの安全で基本的なところ...

  • 新しい環境で

    やはり新しい環境で、緊張があるのか、長女は毎日、「幼稚園行かない」と起きたがりません。なだめすかして、ねこバスで下に降りるか、お姫様抱っこで降りるかして、顔・手を洗わせ、食べさせ、着替えさせています。ホントにこの子、大丈夫かと思います。まだ、幼い。年齢より、幼いです。規範意識とかそういうところまではまだまだ遠いです。今はともかく生理的にペースに乗せていく。それだけです。次女も起きるのは苦手ですが、...

  • 次女別のピアノ教室へ

    何でもかんでも張り合ううちの双子ですが、ピアノの伸びに差が現れだしたことと、何かと貰ったシール等で喧嘩を始めるので、2人のピアノ教室を分けることにしました。一緒に送り迎えできれば楽なのですが。また、ふたり一緒なら若干お月謝もお得になるのですが、仕方ないです。何でも別にしようということに、しました。これまでは、なんでも一緒にでやってきましたが、これは逆効果な面も強いことが分かりました。これからは2人...

  • オシャレ真っただ中

    咳が止まらず、まだ朝・夕は肌寒くなるのに、かなりの薄着で2人が鏡の前でオシャレしてます。そればかりが関心では、困ります。でも、最近それが関心の中心かも知れません。何も煽っていなくても、そういうのって起きるんですね。自然なんでしょうね。やはり。2人とも「どう、かわいい?」とか、普通に聴いてきますから。いろいろ着てはぬいては、忙しく。友達同士の情報交換と言うほどのものはまだ、ないようです。次女のほうは...

  • 年少さんの話

    2人の幼稚園関係の話題は年少さんがとっても小さいということです。それが新鮮な印象のようです。背も小さいけど、走るのもちょこちょこと走る。と言って目を丸くしてます。次女も年少さんのお世話してあげたのと得意そうに言っていました。先生がこれまで年少、年中とお世話になっていた先生だったので、滑り出しもよく安心しました。でも幼稚園に自分の後輩しかいないというのはどういう気持ちになるのか、もう少し見守てみよう...

  • 「湖のほとりで」で共感しすぎてしまうところ

    この映画で、ものすごく共感してしまったのは、子供の癇癪がひどく昼夜を問わず泣き叫び怒る子供に心身ともに疲弊しきってしまい、子供がクッキーを喉に詰まらせもがきまくっているのを耳を押さえてそのままにしていた父親にである。尋常でない精神状態であることは良く分かる。四六時中子供の叫び声を聴き続けているのだから。耐えられる限界をとっくに越しているはずである。そのとき丁度、以前その子のベビーシッターを上手にし...

  • 今日は幼稚園の入園式でお休み

    お買い物と公園でゆっくり遊ばせます。家にいると、iPhoneとiPadをずっと持ち歩いて曲を聴いて歩き回るので、それも困ります。あっちこっちからKARAやAlanが聞こえてくる。以前、ストリートのとんがったお兄ちゃんがたが肩にでかいラジカセ担いで徘徊していましたね。今でも南米では日本製の古いラジカセの音はクールだと言って担いでいるヒトがいるようですが。はっきり言ってうるさいです(笑年長さんになったら、かけ算九九はし...

  • 今日は、幼稚園年長組の初日です♡

    いよいよ、うちの2人の娘も年長さんになります。早起きしました。意欲的です。予めクラス編成表はもらっていたので、お友達も知っています。担任の先生は、年中さん、年少さんのときにお世話になった先生なので、よかったです。よい友達が増えると助かります。もう遊びは、バーバでは対応できませんし、同い年か小学生のしっかりした友達がほしいです。できれば週に何日も遊んでもらえると良いのですが。いろいろな子と遊びを通し...

  • 狐の嫁入り雨が降る

    天気雨が降った。これからバーバとお買いものに行こうとしていた長女が驚いて二階のわたしのところまで報告に来た。「お天気なのにサーって雨降ったんだお」確かに外は明るく晴れている。「やわらかなあめだったでしょ」と聞くと「そうだお」「それね、きつねのよめいり雨っていうんだ」「きつねなの?」「そう」「きつねのよめいり」「そうなの?」と言いながら下に降りていく。結局、美味しいパンを買いに行くというらしい。帰る...

  • 小学校のお姉さん2人が遊びに来る

    2人の小学生のお姉さんがうちにやって来て、うちの娘たちと遊んでくれることです。子供は外で子供同士遊ぶのがいちばんだとおもっていましたので、助かりました。すぐにふたりを遊びに連れ出してもらうことにしました。場所は、近所のあそこの公園だそうです。わがままがどうにもならず、バーバが仕方なく連れ出し帰りにお菓子やチョコ、アイスを買って帰る公園です。うちに一番近い公園で、困った公園です。今日はおねえちゃんが...

  • 津波が来ているようですが、、、こちらは雨が続きます

    こちらはひたすら雨です。桜の花弁がすぐに落なければよいですが。津波の来る近辺の方々はくれぐれもお気を付けください。さて相変わらずあまり食べない娘たちですが、クリーム・チーズ味のものは格好食べます。真冬の間、チーズフォンデュはよく食べたので、今日買いに行ったら、季節ものなのでもう置いてません、と言われました。仕方ないのでグラタンものとカルボナーラのソースを幾つか買いました。お手軽調理のクリームソース...

  • CASIOトーン音が良いですね。

    まさにカラオケに最適です。つくづく思いました。いつも2人はプリセットは必ず弄ります。毎回でたらめに読み込んでいるので何が出るのか分からないのですが、今日はなんと卒業式の定番中の定番。あの「旅立ちの日に」を呼び出して、神妙な顔つきで聴いているのです。長女は「気に入った」と言い、次女は「悲しくて涙が出るー」とそのような顔をして聴いています。そしておもむろに長女はCASIOトーンに繋がっているマイクをつけ、...

  • 公園でも中等科に

    これまで公園に遊びに行くたび、うちの子が一番年少で体も小さく、いつもアグレッシブな男子が近くを走ったり飛んだり行き交っていくのをハラハラしながら遊具のすぐそばで見守っていたものですが、いつしかうちの子よりも小さな子が近くをふらふら、よちよち行き交っている光景になっているではありませんか。今日、何か新鮮な驚きを覚えました。いつもうちの子が一番小さく、事故に気をつけねば、保護しなければという気持ちで付...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。