FC2ブログ

プロフィール

Myth28

Author:Myth28
双子の女の子の育児についての奮闘記書?です(笑
お子様、お母さん・お父さんにも役立ちそうなアイテムもご紹介したいと思います。
コメント等で、応援よろしくお願いします。

なお当ブログはリンクフリーです。

ごゆっくり

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Amazon

↓こちらにもあります

しばしごゆっくり

RSS

九品仏が呼んでいる

2014103119005686a.jpg
また九品仏に行きたい。
今の実家からはかなり遠いが、娘を連れて、初めての九品仏へ遠出をしたい。

上野公園の国立西洋美術館にホードラー観に行こうかとも思っていたが、娘連れでは落ち着いて見れない。
まず、不可能だ。

ならば、前から気になっている九品仏が良い。
九品仏は私にとって1番、想い出深い場所である。
妻と雪の中で写真を撮ってから、1度も行っていない。


是非、その季節に娘たちも連れて訪れたい。
問題は電車だが、もう大きくなったし挑戦してみたい。
雪が降るとまた格別、綺麗なところだ。

今年は行こう。


スポンサーサイト

自転車の空気入れ

Ordinary bicycle01

今日は、自転車に空気を入れなければならない。
朝、出勤前に気づいたのだが。
前後共にタイヤが凹んできている。
わたしのもママのもバーバのも、2人のも全てが何故か減っている。

帰ったら結構、重労働だ。
しかし、明日は全員使うのだ。
雨も夕方から降るかも、という予定だ。
お買い物だけではなく、わたしは帰ってからちょっと電気屋に行く。わざわざ車で行くまでもないところに。バーバは接骨院に、2人は幼稚園から帰ってからまた走り出している。ママも最近は病院通いで、実は一番心配なのである。
自転車だけでもこぎやすくしておきたい。
電動アシストに今度はするつもりだ。バーバもだが。遠乗りでは、やはりママか。

何故かママは今の車ミニバンになってからサッパリハンドルを握らない。子供もわたしが休みの時しか車で行けるところには行けない。
これでこの先もつのだろうか?
だんだん不便にはなると思う。
ママの病院も、娘たちのニーズにおいても。

ともかく、先ずは自転車の空気入れである。空気の抜けた自転車ほど走りにくいものはない。地面に粘り着く重みをペダルに感じる。ことの外疲れるものだ。
しかし、そのためにまずわたしがヘトヘトになる。
明日は金曜だ。
もうひと頑張り。



次女のお料理

oryouri.jpg

食事にもっと意識を持たせたいということから、最近しきりにしたがっているお料理の真似事をされることにした。
これは今回急な思いつきではなく、以前から少しずつ、やれることはやらせていたいと大人で話していたことだ。
これまでも少しは、お手伝いのかたちではさせていた。
お饅頭の粉をこねることや皮であんを包むこと、和えるとか、かき混ぜる、泡立てる、たまに切るなど、、、。
しかし今回は、次女主導で「手作りフリカケ」を作るというので、周りは皆、それに従うことにした。

どんな素材にするか、次女が決める。
われわれは用意する。
色々言っていたが、丁度冷蔵庫が空っぽ状態になり買い物に行く間際であった。
タイミングがいささか悪い。
でも何でも代用が効くということから、青梗菜や人参、鰹節に胡麻など幾つかの調味料(スパイス)で作ることにした。

素材を細かく切る。
初めに包丁で次女が切る。
次いでバーバがみじん切りにする。
ママもさらに切る。
で、ちょっと火を入れ、乾燥させて、出来上がり。
嬉しそうなのは、長女。
みんなに食べさせていた。
そこそこ美味しく出来ていた。
オイスターソースが入っていることが分かった。
次女が色々入れていた。
長女も何も言わず取り敢えず食べていた。(この次は長女に何か作ってもらう必要がある)
「みんなでおいしー」と勿論、感想を述べた。
ところが肝心の次女はさほど食べてない気がした。

この調子で、今度はオムライス作りに挑戦すると言う。
この次は、自分も食べて欲しい。


一緒に早く寝よう

201410281758248da.jpg

今夜は、娘と一緒に同じ時間に寝よう。
一緒にお風呂に入り、いつもは寝付かせてから、仕事をしたりして遅く寝ていたが、今日は風呂から出て直ぐに一緒に寝る。

疲れた。

早く寝ることが私にとってとても大事だ。
特に、風呂から出た時のなんとも言えない疲れで、そのまま眠ってまうのがBestだ。
そのchanceを逃すと、もう眠れなくなる。
いつまでも、目が冴えて寝付けない。

わたしにとっても娘にとっても。
早く寝ることが必要だ。

以前から始めから朝までずっと一緒に寝てね。
と言われつつ、少しずつ距離が出来てきたところだ。
娘たちもここのところ、体調を崩してから、かなりわたしと一緒が多くなった。

事態が通常でないと、またこちらに頼る必然性が生じる。

うちは今揺れ動いている。
みんなが健康であらねばならない。

睡眠の大切さ

dream.jpg

ここのところ、次女と一緒に寝ているが、彼女の体調が良くないため、夜も気になる。
熱をみたり、冷やしてみたり、布団をなんども掛け直し。
はては、ベポラップ塗ってみたりとか。

更に次女はことのほか寝相が悪い。
何度も顔面に裏拳を受ける。
もう3日一緒に寝たが、わたしの方がまいってしまった。
ほとんど寝た気がしない。

今日は一日中、起きてるのか寝ているのか、自分でも分からない状況だった。
こんな時、仕事でよく飛んだ忘れ物などをする。
これが怖い。


睡眠は誰にとっても大事だ。
子どもにも保護者にも。
特にわたしには想像の源泉になったりもする。
しっかり寝たい。
夢も見る暇がなかったようだ。

しかしいつまでこんな寝顔が見れるのか?
ときどきつくづく思う。


娘にとっても自分にとっても良い睡眠を心掛けたい。
健康のためにも。
工夫が大切だ。

今日は高い、「芋掘り」には行けたそうだ。
まずは、良かった。




≪前のページ≪   1ページ/68ページ   ≫次のページ≫